松本・美ヶ原温泉 すぎもとHOME > 旬のおすすめ > 春の名残りと夏のはしり!旬の夕食一例(2016年6月9日の巻)

春の名残りと夏のはしり!旬の夕食一例(2016年6月9日の巻)

2016.06.13

この時期(6月)は「春の名残り」と「夏のはしり」の共演です。

春と夏、季節替わりの食材を味わう事が出来る時期となります。

素材自体が持つ“力”をお客様にご賞味頂ければ幸いです。

今回は2016年6月9日にスタッフが撮影したお料理内容をご案内いたします。

スタッフ撮影の為、画像が粗く、大変恐縮ですが、実際にお客様がご夕食の際にお持ちのデジカメや携帯電話のカメラで撮影する視点で撮影いたしました。

 

変換 ~ DSC_1712

 

今宵、おすすめのお酒はお馴染み、信州が誇る酒蔵「福源」さんの発砲日本酒です。

昨今、発砲日本酒は大変ブームとなっておりますが、こちらのお酒は柔らかい口当たりの中に、力強い日本酒の味がしっかりと伝わり、当館の料理との相性も抜群です♪

 

 

600_DSC_1710

 

先ずはすぎもとの代名詞、「前菜 季節のお通し」

本日は手前の「もずく」に始まり、プレートの左から、

・塩丸いか(海の無い信州で昔から食されていた塩イカ。今は懐かしいふる里の味として人気です)

・モロッコいんげんの焚物

・鴨

・山ぶき

・おくら

・セロリの浅漬け

・うどぶき

どの品も一工夫、一捻りの味付けです。

お酒の弱い私でもドンドンお酒が進んじゃいます!

 

変換 ~ DSC_1719

 

椀物 ごぼうとスナップエンドウ

 

変換 ~ DSC_1725

 

凌ぎ アナゴと信州サーモンのお寿司 

 

変換 ~ DSC_1721

 

自家製 ごま豆腐 「もっちもちです」

 

変換 ~ DSC_1722

 

おくらとシラス 

 

変換 ~ DSC_1734

 

稚鮎 

空豆

たけのこ

五平餅

青梅のシロップ漬け  お口直しに、酸味より甘味が広がります。

 

変換 ~ DSC_1742

 

 

 

変換 ~ DSC_1747

 

 

変換 ~ DSC_1737

 

淡竹 タケノコのシーズンも終わりが近づくと淡竹に。

薄めのカツオ節とのとの相性が抜群!

 

変換 ~ DSC_1728

 

名物 信州特産・馬刺しのたたき~すぎもと流

今日も新鮮そのもの!今日はウニが入りました。

辛味噌とミョウガを巻いて一枚。ワサビとウニを巻いて醤油で一枚。行者にんにくで一枚。

一度食べれば病みつきになる独創的な味のハーモニーをお楽しみ下さい。

※仕入状況により、内容は異なります。

 

変換 ~ DSC_1751

 

椀物 本日は浅利の椀。やさしく体に染みわたります。

 

変換 ~ DSC_1748

 

鹿のステーキ

低温でじっくり3時間半、温度一定(約58℃)焼きあがておりますので、肉の柔らかさが違います!

 

その時に仕入れた食材の最高の状態をご提供させて頂きたく、お客様がお越しの際にはまた内容が変更しているかと思われますが、ぜひその日、その時だけの旬の宴をお楽しみ下さい。

記事一覧はこちら
  • 料理
  • 温泉
  • 客室
  • 館内
  • 観光
  • 交通

お問い合わせ

日付から検索

ご予約の確認・キャンセル

旬のおすすめ

おすすめ一覧

新着・イベント情報

新着一覧
すぎもとへの道のり
スマートフォンサイトを見る